【新生児】エルゴだと苦しそうにしたのでコニー抱っこ紐を試してみた

【新生児】エルゴだと苦しそうにしたのでコニー抱っこ紐を試してみた

抱っこ紐ってどんなものを選べば良いか悩みますよね。

夫も私もベビーカーの扱いに不安があり、しばらくは抱っこ紐のみで頑張ってみよう、ということで妊娠中に話がまとまっていました。なので、抱っこ紐はしっかりしていて長く使えるものを準備しようということに。

「エルゴかベビービョルンか」「エルゴならオムニかアダプトか」。

抱っこ紐を探している方なら誰もが行き着く問題ではないでしょうか。

私もかなり時間をかけて検討しましたが、外出先で見かけることが多い、作りがしっかりしてそう、新生児から使える、前向き抱っこができるなどの理由から、エルゴのオムニ360を購入しました。

新生児の息子、エルゴに埋もれる

妊娠後期に購入し、クローゼットの中で温めていたエルゴ。初めて装着したのは1ヶ月検診の前日でした。

…なんか思ってたのと違う。

説明書や動画を見てその通りに装着してみても、息子の頭が埋もれてしまいとっても苦しそう。私の体と背当て?の部分に挟まれ、自慢のほっぺがむぎゅっと潰れて心なしか息も荒く感じました。

本来は抱っこする人の顎が、赤ちゃんのおでこに当たるくらいの位置に来るはずですが、何度付け直しても私の顎と息子のおでこの間には、15cmくらいスペースが空いてしまいます。

この時、息子の身長は約52cm、体重は約4.3kg。

翌日の1ヶ月検診にはなんとかエルゴを装着して行ったものの、やっぱりなんだかフィットせず。窒息してしまうんじゃないか、頭蓋骨が圧迫されて脳に影響があるんじゃないかと、終始ヒヤヒヤでした。

1ヶ月検診の際に周りの親子を見てみると、エルゴのような本気の抱っこ紐をつけている人はあまりおらず、スリングのようなものや、抱っこ紐なしで抱っこしている人が多い印象でした。

「エルゴはまだ早いのかもね。」検診の帰り道は、一緒に行った夫とそんな話をしながら帰りました。

装着が大変&ガンダム

想定と違ったのは、息子が埋もれてしまうということだけではありません。何よりも装着がかなり難しい。初めてつけた時は、2人がかりで10分以上かかりました。

そしてこれは私の問題でもありますが、装着姿が完全にガンダム。もともと肩周りがいかついので多少はしょうがないかと諦めたものの、上からコートを着ると二人羽織をしているような幅と厚みです。

お店で試着をせず、Amazonで購入したのが仇となりました…。しかし購入したからには使わないわけにはいきません。早く痩せなきゃ。

ガンダムにならないか心配な方は、一度試着をしてみた方が良いと思います。

コニー抱っこ紐を試してみたら快適過ぎた

そんなこんなで「エルゴは、息子にも私たち夫婦にもまだ早い」という結論に。しかしお出かけの時にも、家の中であやす時にも抱っこ紐は必要です。

もっと簡単に装着できて、息子もリラックスできるものはないかと探しまくり、たどり着いたのがコニー抱っこ紐でした。

InstagramやTwitterで口コミをチェックしてみると、大絶賛の嵐。「よく寝てくれる」とか「疲れない」とか「簡単につけられる」とか、とにかく満足している人が多い印象でした。

夫に相談し、早速Amazonで購入。約6,000円なので、もし失敗してしまってもどうにか諦めがつく価格です。韓国のメーカーから送られてくるらしく、手元に届くまでには1週間ほどかかりました。

結論から言うと、コニーを買って大正解。最初こそ装着に苦戦したものの、3回目くらいからはものの30秒程度で抱っこできるようになりました。

何と言っても、コニーの良さは身軽なことです。コニー自体は、装着してもストールを1枚巻いたくらいの感覚。適度な締め付け感で赤ちゃんをぴったりフィットさせることができるので、ガンダムにもならないし、体も疲れにくいです。

コートを上から羽織っても、エルゴほど着膨れしないところも◎。コニーが家に届いてから、使わない日はないというほど重宝しています。

新生児にはエルゴよりコニーがおすすめ!

外に出かければ必ずと言っていいほど見かけるエルゴの抱っこ紐。

しかし、まだ体が小さく、ふにゃふにゃで扱いづらいうちはエルゴのような本気の抱っこ紐よりも、コニーのような簡単に装着できる抱っこ紐がおすすめです。

我が家と同じように、エルゴを買ってみたもののどうも赤ちゃんが苦しそう、なかなかうまく装着できない、という方はぜひコニーを試してみてください!

とはいえ、もっと体重が重くなった息子を連れて長時間出歩く時には、コニーだけではちょっと不安もあります。

現在息子は生後2ヶ月。首が座ってもう少し体が大きくなったら改めてエルゴに挑戦してみます。(33,000円という大きな出費だったので、なんとしてでも使いたい…!)

今回はエルゴとコニーを比べてみましたが、コニーの良さはまだ語り尽くせていないので、また改めて記事にしてみようと思っています。